2012年10月23日火曜日

本当の敵は・・・

「本当の敵は自分の心の中の闇」

共通の敵を作ると仲間に・・・?
町と町の争いも、国と国の争いが起きれば仲間。
国と国の争いも、他の星との戦争が起きれば仲間。

そんなスパイラル、なんの解決にもならない。
ずっと辛いまま。本当はその辛さが嫌なのに。

元の元をたどる・・・
町と町、家族と家族、嫁と夫。
単位は最少になって、自分一人になる。

本当は自分の心の闇が原因なことに気づく。

それは他人をコントロールしようとする欲。
そして自分だけが得しようとする欲。

それが自分と世界の不幸を作っていることに気づかぬふり。

自分の中の闇と戦わないための、外に向けた怒り。

争い合うもの同士は共依存の関係にある。


そろそろ、本当の闘いに挑んでも良いのではないか。

いや、戦争をしない日本人はもう多くの人が闘ってるのかもしれない。
年間何万人という自殺者の多くはその戦いのさなか戦死した人達なのかもしれない。

時代は動いている。
私も共に闘う。

2012年10月20日土曜日

イネイトインテリジェンスは・・・

「イネイトインテリジェンスは愛そのもの」

イネイトインテリジェンス・・・直訳すると「先天的知能」
命に備わっている、先天的知能、イネイトインテリジェンスの存在を改めて実感している。

イネイトインテリジェンスは死より生の方向、幸の方向へ命を導こうと常に働きかける
命の羅針盤のようだ。

時に、それは私の心を守るため、記憶を封印する。
幼い命を守るため、問題を先送りする。
そして成長し、自由になった私を見て、イネイトインテリジェンスが問題を投げかけてくる。
不完全な私の命を私自身の手で完成させるために。

イネイトインテリジェンスは私の命の幸せのために、時に厳しく、時に優しく、
ゆるぎない愛情を私自身にそそぐ、私自身の「愛」そのものだと思う。